冬眠

非嘔吐過食をやめたい

逆さに吊るされた男

はぁ、はぁ、やっと、読めた(+_+)頭痛に耐えながら少しずつなんとか読んだぞ。

面白かったです。ちょっと引きずられそうになって、読むのが辛いところもありますが…オウム真理教信者の死刑囚との交流をもとにした私小説。心が弱いときに読まない方が良いです、影響されそうになりますので(^_^;)

ちなみに作者の田口ランディさんは私に読書の楽しさを教えてくれた恩人のような方。あまりにもスピリチュアルな方向の作品は苦手なんですが、「コンセント」「アンテナ」「モザイク」の三部作は本当に好きです。本の中に入った気分になります。

もっともっと本を読みたいのに頭痛が邪魔をする。だから小人が欲しい。私の耳元でずっと本を読み聞かせしてくれる小人が欲しい。

こうゆうかんじ?私が眠りにつくまで、子守唄のように、読んで欲しい。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。