冬眠

たべるの、むずい

黒蜜

今日はモーニングへ。ナッツたっぷり。

過食しそうになるのをこらえてヨーグルト。大きいのをひとつ食べると満足感ありますね。ごまかしごまかし。

毎日過食衝動と闘うのが疲れます。いつもナイフを背中に立てられてるみたいです。怖い。

小池昌代さんも好きな作家さんです。詩人でもあるので小説の方も、詩的。

この本は短編集なのですが特に好きな作品は「倦怠を知ったのは、8歳のときだ」という出だしで始まる「倦怠」。何度読んでもやりきれなくて、泣いてしまう。

主人公がほとんど子供なので童話のように読めますよん。

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。